MENU

マリーゴールドの効果とは?アイケアサプリに入っている栄養素

マリーゴールドの画像

マリーゴールドは地中海原産であるキク科の植物です。マリーゴールドは花のハーブとして、古くから万能薬のように利用されてきました。

 

このマリーゴールドが健康、特に目に関してどのような効果が期待できるのか紹介していきたいと思います。

 

マリーゴールドの主成分「ルテイン」の効能効果

マリーゴールドにはカルテノイドの一種であるルテインが主成分です。このルテインは、天然色素でありマリーゴールドの花弁に含まれています。カルテノイドは一般的に抗炎症作用、抗酸化作用の効果が期待できるといわれています。

 

端的に言ってしまえばアンチエイジング効果です。カルテノイドの中でもルテインは、目に対しての効果に特化しています。ルテインは人間の目の網膜や水晶体に多く存在しています。

 

目に存在しているルテインは、テレビやパソコンから出ているブルーライトを吸収、除去する働きを担っています。しかしこのルテインは、年をとるとともに減少していきます。

 

ルテインが減少することで眼球疲労が生じ、視力低下につながったり、白内障といった病気になりやすくなったりしてしまいます。このルテインは摂取することによって、眼球疲労を軽減する効果が期待できます。

 

マリーゴールド(ルテイン)の摂取方法

マリーゴールドに含まれるルテインをどのように摂取するかを紹介していきます。

 

マリーゴールドのハーブティー

1つ目の方法は「ハーブティー」です。

 

マリーゴールドのハーブティーはネットなどで簡単に手に入れることができます。

 

マリーゴールドのハーブティーの特徴は、味も香りも弱い部類であるため、非常にさっぱりとした飲み味で飲むことができます。

 

 

ルテインの摂取方法

2つ目は「サプリ」です。

 

最近ではマリーゴールドのルテインが配合されたサプリが売られています。

 

こちらもネットで簡単に手に入れることができます。1粒30円程度なので、お試しでトライすることもできると思います。

 

例えば、「めなり」というルテインサプリがそうです。

 

他にもルテインを配合したサプリをお探しの場合は、ランキングを参考にして下さい。
⇒ルテインサプリのランキング!

 

マリーゴールド(ルテイン)とブルーベリー(アントシアニン)との比較

ルテインとブルーベリーの比較

マリーゴールドのルテインが目の健康によいことを上記で挙げましたが、目の健康に効果があると同じくいわれているブルーベリーと比較するとどうなのでしょうか。ブルーベリーの主成分はアントシアニンです。

 

このアントシアニンには、網膜のロドプシンと呼ばれる色素を再合成し、活性化する働きがあります。簡単に言ってしまえば、疲れた目の回復です。なので、普段から目を酷使しており、視力低下に悩まされている方に向いています。

 

目は普段の生活で常に使っているため、万人向けの効果があるのではないかと思われます。それに対して、ルテインは光に対するダメージを軽減します。なので、ダメージの回復というよりもダメージの抑制といった特徴です。

 

具体的には、パソコン作業の方や加齢で眼球疲労しやすい方などに特化しているといえます。最近仕事において、多くの方がパソコンを断続的に使っているので、マリーゴールドもアントシアニンも十分な効果が期待できるでしょう。

 

ルテインサプリ紹介