MENU

ルチンとは?目に対するルチンの効果あり?徹底解説

ルチン

テレビのコマーシャルや雑誌の宣伝などでルチンという栄養素のことをお聞きになったことがおありの方が多いと思います。

 

実はこのルチンが発見されたのは1930年ですから今から85年以上前のことです。ルチンの歴史は長いですが、最近になって、特に成人病予防のためにと注目されています。

 

最近とても注目されている栄養素「ルチン」は、私たちの健康促進のために、そして目に対しても効果があるといわれています。今回はルチンについて考えてみましょう。

 

ルチンとはどのような栄養素なのか?

ルチン

ルチンとはポリフェノールの一種です。ビタミンの一種で別名ではビタミンPと言われています。

 

ルチンの効果は、心臓病を防いだり、生活習慣病を予防できるといわれています。

 

ルチンによって血液の循環を良くしたり、血管を強くすることが出来ますので、疲れをとったり、炎症を取ったりする効果もあります。

 

このルチンは植物から採ることのできる栄養素ですから、服用するにあたっても安心です。

 

例えば、そばイチジクからルチンを取ることが出来ます。ですが、これらの食材を大量に摂取するのは難しいでしょう。

 

そこで利用したいのがルチンを摂取できるサプリです。サプリを通して摂取するならば簡単ですし、一日に必要な分のルチンを取ることが出来ます。

 

ルチンは目にどのような効果があるのか?

ルチンと目

実は、ルチンは目のためのビタミンとも呼ばれています。その理由はルチンによって目の病気を予防することが出来るからです。

 

目の病気には老化とともに生じる白内障があります。それ以外にも眼精疲労、目の焦点が合わなくなってしまう、視力が落ちてしまうということがあります。

 

この原因として考えられるのが、ルチンが不足しているということです。なぜならルチンは目の中でも重要な部分である網膜の部分を修復できる力があるからです。

 

私たちは日常生活の中で目を通して色々なものを見ていますが、その際に網膜は非常に重要な働きをしています。

 

レンズのような役割をしており、目から入る情報を網膜を通して脳に信号で送っているのです。

 

それでルチンを通してこの網膜の働きを正しく、そして改善させるなら今までぼやけていた焦点が合うようになったり、目の疲れが取れたり、白内障などの病気も改善されます

 

現代人の目にはルチンが必要

ルチンが必要な現代人

もし私たちが目の深刻な病気にかかっていなかったとしても、ルチンを目の病気の予防として摂取しておくことには価値があります

 

大きな病気をしてから、治療や手術などに費用がかすむよりも、ルチンを飲んで予防するのは賢い決定と言えるでしょう。

 

また現代人にとって目はとても酷使する部分です。オフィスワークの仕事をされている方なら、パソコンを使うことが多いでしょうし、そうでなくてもスマートフォンやタブレットで私たちの目は酷使されています。

 

パソコン

 

そうすると目のレンズの部分でもある網膜が汚れてしまったり、疲労によって正常の働きが出来なくなってしまいます。そのような時にルチンの効果が発揮されます。

 

ルチンによって、いわば目のレンズを拭いてあげることが出来ますので、毎日ルチンを摂取するなら眼精疲労や目のかすみにも効果があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ルチンは目に良い成分だということが理解できたと思います。やはり目のために栄養を摂取する場合は、サプリなどで毎日摂取することが大切です。

 

ルテインサプリ紹介