MENU

ルテインとブルーベリーの関係とは?相乗効果とは?

ブルーベリー

ルテインの他にも、視力の回復効果がある有効成分があります。とくに視力回復にはブルーベリーが好評です。

 

ルテインは栄養素の名前ですが、ブルーベリーは果物の名前です。

 

ブルーベリーはコケモモ属のベリー類の総称です。食用の果物として流通していますし、ヨーロッパではハーブとして使われています。医薬品としても一部認可されています。

 

ブルーベリーの視力回復効果は、ブルーベリーに含まれる色素成分、アントシアニンの作用によるものです。

 

アントシアニンとロドプシン

アントシアニンは、視力を保つために重要な役割を果たす物質、ロドプシンを再生してくれます。

 

ロドプシンは網膜に存在して、目に入ってきた光を視神経に送る役割を果たしています。

 

ロドプシンは光に反応して分解されてしまうので、太陽からの紫外線やパソコン・スマホなどから発生するブルーライトを長時間見続けると、ロドプシンの再生がうまくいかなくなります。

 

つまり、ロドプシンの再生ができなくなると、視力が低下するのです。

 

アントシアニンの効果

アントシアニンの効果

アントシアニンには、ロドプシンの再合成を助け、視力の回復を助ける効果があります。

 

ルテインは、活性酸素による目の中の黄斑部という部位へのダメージを抑える働きをしていますし、ブルーライトを吸収する効果もあります。

 

ルテインとブルーベリーに含まれるアントシアニンとは役割が少し違いますが、アントシアニンはルテインの吸収を助けてくれますし、一緒に摂取すると相乗効果も期待できます。

 

ルテインサプリの選び方」を見ると、各栄養成分の相乗効果が分かります。ルテインサプリを選ぶ際の参考にして下さい。

 

 

ルテインサプリ紹介