MENU

ルテインとゼアキサンチンの関係とは?相乗効果とは?

ゼアキサンチン

ルテインと同じような効果を持つ成分に、ゼアキサンチンという成分があります。このゼアキサンチンも、ルテインと同じくカロテノイドで、キサントフィル類に分類されます。

 

パプリカ、ほうれん草、とうもろこし、パパイヤなどに豊富に含まれる成分です。

 

ルテインは目の中の網膜の黄斑部、硝子体、角膜などに存在していますが、ゼアキサンチンも一緒に存在しています。このゼアキサンチンは、実は体の代謝により、ルテインから作られます。

 

ゼアキサンチンはルテインとよく似た構造をしていますので、ルテインと同じような働きをしてくれます。ゼアキサンチンはルテインと同じく、白内障の予防や、ブルーライトから目を守る役割を果たしてくれます。

 

効果に期待大!ルテインとゼアキサンチンの相乗効果とは?

ルテインとゼアキサンチンの相乗効果

ただしルテインと少し違う場所に存在していることも分かっており、ルテインとは役割が少し違うと考えられています。そのため、ルテインとセットでゼアキサンチンを摂取するのがよいと考えられています。

 

実際、ルテインとゼアキサンチンを一緒に摂ると大きな相乗効果が得られることが報告されています。

 

 

ルテイン10mg とゼアキサンチンを2mgという、5:1の割合で処方すると、黄斑変性症の発症リスクが57%減少、進行リスクが26減少するという報告があります。

 

ルテインは年齢を重ねると体から作られなくなりますので、ルテインから作られるゼアキサンチンも作られなくなります。

 

なので、ゼアキサンチンも配合したサプリもあるので、食事だけでなくサプリで摂るとよいでしょう。

 

ゼアキサンチンだけを摂取しても目の健康に大きな効果が期待できますが、ルテインと一緒にゼアキサンチンを摂れば大きな相乗効果が得られます。

 

 

ルテインとゼアキサンチンを配合しているおすすめサプリは?

めなり

 

ルテインとゼアキサンチンを配合しているおすすめサプリは「めなり」です。

 

このサプリなら、ルテインとゼアキサンチンを摂取することができます。しかも、ルテインとゼアキサンチンの比率が「5:1」になるように配合されています。

 

またアントシアニンも豊富に含んでいます。

 

なのでこのサプリ1つで、ルテイン、ゼアキサンチン、アントシアニンを豊富に摂取することができるようになります。

 

めなり

 

まとめ

ルテインとゼアキサンチンは、併せて摂取することで、相乗効果を発揮します。

 

身近な食品から摂取するなら、パプリカ、とうもろこし、ほうれん草といった食材になります。ですが豊富に摂取しようとすると、限界がありますので、サプリを利用するのがおすすめです。

 

ルテインサプリ紹介